近畿総合リース株式会社

文字の大きさ

JA三井リース GROUP

リースの仕組み

ご希望の機械設備を近畿総合リースが代わって購入し、お客さまとの間で賃貸契約を結ぶ仕組みです。

リース契約の仕組みのイメージ

リースには数多くのメリットがあります。

お客様にとってのメリット

1.資金を有効に活用できます
月々、一定のリース料をお支払いいただくだけで、一時に多額の資金が流出することなく、留保した資金を効率よく運用できます。
2.金融機関の借入枠に影響を及ぼしません
リースの場合、金融機関の借入枠を維持しながら、100%別枠の新しい融資と同等の効果が得られます。
3.リース料を経費として処理できます
月々のリース料は、全額経費として損金処理ができますので、合理的な減価償却と同じ効果を得られます。
4.機械設備の陳腐化が避けられます
機械設備の経済的な寿命に合わせてリース期間の設定を行うことにより、常に最新鋭の機械設備を使えます。
5.事務の省力化が図れます
固定資産税の申告・納付、台帳への記入、償却計算、保険契約など、機械設備の購入には、意外と煩雑な事務が伴うものですが、リースの場合、これらの事務手続きをリース会社が行いますので、事務負担が大幅に改善されます。
6.コスト意識を高めます
リース料は、契約の際に決められた一定額の支払いですから、コストの把握が簡単にでき、従業員のコスト意識を高めます。

メーカー・ディーラーの皆様にとってのメリット

1.販売促進の手段として活用できます
リースのメリットをアピールし販売することにより、顧客の拡大が図れます。
2.代金回収が確実になります
弊社がお客様に代わって代金をお支払いしますので、早期に代金の回収が図れます。

リースの基礎

商品・サービス情報

ページの先頭へ

  • 近畿総合リース株式会社は、関西みらい銀行との業務提携会社です 関西みらい銀行のサイトへ
All Rights Reserved. Copyright(C) KINKI SOGO LEASING CO., LTD.