近畿総合リース株式会社

文字の大きさ

JA三井リース GROUP

導入事例

ファイナンスリース

ファイナンスリースとは・・・
物件購入代金・リース期間中の諸費用の全額をリース料として支払う リース取引(ファイナンスリース)です。
法定耐用年数の70(60)%以上にてフレキシブルに費用計画が立てられます。
陳腐化の激しい設備には最短リース期間・長期使用設備には最長リース期間の設定と任意に対応可能です。

リース料には下図の要素が含まれています。

リース料詳細図

ファイナンスリースのメリット

1. 資金を有効に活用できます
月々、一定のリース料をお支払いいただくだけで、一時に多額の資金が流出することもなく、留保した資金を効率よく運用すれば、資金繰りにもゆとりが生まれます。
また、金融機関からの借入枠を温存する事が出来ます。

2. 最新鋭の機械設備を使えます
リースなら、技術革新のテンポに遅れをとりません。機械設備の経済的な寿命にあわせてリース期間を設定し、リース期間満了後、あらたに新鋭機のリースを行えば、たえず時代の最先端を行くことができます。

3. 事務の省力化がはかれます
固定資産税の申告・納付、台帳への記入、償却計算、保険契約など、機械設備の購入には、意外と煩雑な事務がともなうものですが、リースであれば、これらの事務をリース会社が行いますので、事務負担を軽くします。

4. コスト意識をたかめます
リース料は、契約の際に決められた一定額の支払いですから、コストの把握が簡単にでき、従業員のコスト意識をたかめます。またインフレにも効果を発揮します。

5. 金利変動リスクが回避できます
リース期間中のリース料は原則固定のため、月々のお支払額が平準化でき、金利変動リスクが回避できます。

リース契約のスキーム

リース契約のスキームのイメージ

リースの対象物件

リースの対象物件の一覧

商品・サービス情報

リースについて

ページの先頭へ

  • 近畿総合リース株式会社は、関西みらい銀行との業務提携会社です 関西みらい銀行のサイトへ
All Rights Reserved. Copyright(C) KINKI SOGO LEASING CO., LTD.