近畿総合リース株式会社

文字の大きさ

JA三井リース GROUP

導入事例

オペレ-ティングリ-ス

リ-ス期間満了時に見込まれる中古価値を残価として設定することにより、物件の元本額より残価を控除してリ-ス料を算出しますので、設備導入時のコストを軽減させることができます。

オペレ-ティングリ-スのメリット

  • 1. リース料総額を低く抑えることができ、投資リスクの軽減がはかれます。
  • 2. ファイナンスリ-スと比べ、短いリ-ス期間の設定が可能となり、設備の陳腐化に対応できます。
  • 3. 支払いいただいたリ-ス料を全額費用計上、損金算入できます。2008年4月導入の新会計基準においても、
    オフバランス取引となりますので、自己資本比率、ROAの向上等財務マネジメントにおいても有効です。
  • 4. リース満了後は、以下のいずれかをご選択いただけます。(1)物件返却 (2)2次リース (3)公正市場価格にて購入

ファイナンスリースとオペレ-ティングリ-スのイメージ

導入事例

商品・サービス情報

リースについて

ページの先頭へ

  • 近畿総合リース株式会社は、関西みらい銀行との業務提携会社です 関西みらい銀行のサイトへ
All Rights Reserved. Copyright(C) KINKI SOGO LEASING CO., LTD.